ひまわりの種

 

「ひまわりの種プロジェクト」
ひまわりが、放射能汚染された土壌の浄化に効果があるとされています。植物には根っこから土壌の放射性物質を吸収する者があるそうで、
その中でもひまわりが最も吸収の効率が良いのだといいます。
注*後処理等は、現在研究が進められている段階です。

福島から避難民とされて、避難所での生活を余儀なくされている方々や、これからの生活に不安を少しでも抱えてるかたに、希望の種として渡せたら。というプロジェクトです。(4月13日現在)
今回の土壌汚染問題はとても長い年月で対応していかなければなりません。しかしそのまま放って置くよりも、ひまわりや麻などの「植物の力」を借りて放射性物質を吸収し、人間が責任を持ってその廃棄物を処理し、管理する場所を作る。
そして種から新たなバイオエネルギーを作る。という開発を進めるのは、とても明るい未来があると思います。
このひまわりの種が、心に明かりをともしてくれるきっかけになったらという思いでお配りさせて頂いています。

4月1日からお店で協力を募ったところ、
「20,708円」の募金が集まりました。
どうもありがとうございました!

このお金を少しでも無駄にしないように活用したいと思います。
第一段として、
今週の15日に福島県南相馬の240名の方が避難されている場所(群馬県東吾妻)でお話しさせて頂き、ご理解を頂けた方に渡してきたいです。

種をまく時期は4~6月、花が咲く時期は7~9月となっています。

東日本、、福島県の復興の明るいシンボルとなっていって欲しい。

いつか本当に

すべての大地が

癒されますように

Leave a Reply